浦和、李&興梠弾でリーグ戦2連勝…敗れた湘南は開幕から4戦勝ちなし

3月20日(日)17時54分 サッカーキング

湘南戦でチームの2点目を挙げた興梠慎三 [写真]=清原茂樹

写真を拡大

 2016明治安田生命J1リーグ第4節が20日に行われ、湘南ベルマーレと浦和レッズが対戦した。

 今季開幕から3試合を終えていまだに勝利のない湘南。前節のサンフレッチェ広島戦では後半アディショナルタイム5分に同点ゴールを献上し、勝ち点3を目前で逃した。広島戦からは先発メンバーを2名入れ替えて、下田北斗と藤田征也がスタメン入り。今季浦和から期限付き移籍してきた岡本拓也も先発出場を果たしている。

対する浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節、敵地で行われた広州恒大戦から中3日で臨む。スタメンには今季湘南から加入した遠藤航、日本代表に選出されている西川周作、槙野智章、柏木陽介らが名を連ねている。

 立ち上がりから積極的に出たのはホームの湘南。3分、エリア外中央でボールを受けた下田が左足でミドルシュート。ボールは枠を捉えたが、GK西川がパンチングで弾き出した。

 徐々にペースをつかみ始めた浦和は22分、槙野のスルーパスでエリア内左に抜け出した武藤雄樹が左足で折り返したが、これは直接GK村山智彦にキャッチされてしまう。32分には柏木のスルーパスを関根がエリア内右で受けて、右足でクロスを入れたが、GK村山に防がれた。

 34分にも浦和、槙野のパスを左サイド深い位置で受けた宇賀神が左足で折り返す。中央で興梠が左足で合わせたが、枠を捉えることができない。

 浦和が41分に先制点を奪う。柏木からエリア外中央でパスを受けた李忠成が迷わず左足を振りぬく。ボールはアンドレ・バイアに当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。前半は、終始ペースを握った浦和の1点リードで折り返す。

 後半立ち上がりも浦和が先にチャンスを作る。52分、エリア内左から武藤が左足で折り返すと、李がスルーしたところに走り込んだ柏木に収まったが、シュートまでは持ち込めない。

 55分に浦和が追加点を挙げる。武藤からパスを受けた興梠がエリア内中央の柏木にボールを預ける。走り込んだ興梠に再度パスが出ると、エリア内右から右足でゴール左に突き刺した。

 さらに60分、宇賀神が左サイドからドリブルを仕掛けて中央に切り込む。右足でクロスを入れると、中央で李が左足で合わせたが、ゴール上に大きく外れた。浦和が立て続けにゴールに迫る。

 69分には浦和が自陣でボールを奪ってカウンター。右サイド長い距離を走った関根がスルーパスで抜け出す。右足で入れたクロスにファーサイドに走り込んでいた李が左足で合わせたが、ゴール左に逸れた。

 湘南は最後まで攻めの形ができずこのまま試合は終了。これで浦和はリーグ戦2連勝、対する湘南は開幕から4試合勝ちなしとなった。

 次節、湘南は4月2日にヴィッセル神戸と、浦和は同1日にヴァンフォーレ甲府とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 0−2 浦和レッズ

【得点者】
0−1 41分 李忠成(浦和レッズ)
0−2 55分 興梠慎三(浦和レッズ)

サッカーキング

湘南をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ