4連勝バイエルンが首位独走、大迫は強烈ミドルで6点目/ブンデス第25節

3月20日(月)17時35分 サッカーキング

バイエルンとドルトムント(左上、下)が勝利。大迫勇也(右上)は1ゴール、酒井高徳(右下)はフル出場 [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第25節が17日から19日にかけて各地で行われた。

 首位のバイエルンはボルシアMGとのアウェイゲームに臨み、1−0と勝利。ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが決勝ゴールを挙げて勝ち点3を獲得した。バイエルンはリーグ戦で14試合負けなし、4連勝で首位を独走。今節でブレーメンに0−3と完敗した2位ライプツィヒとの差は「13」に開いている。

 日本代表MF香川真司が所属する3位ドルトムントは、インゴルシュタットに1−0と勝利。香川はフル出場で勝利に貢献している。

 また、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、同MF原口元気のヘルタ・ベルリン戦で今シーズン6ゴール目を記録。大迫は開始6分、強烈な右足ミドルシュートを突き刺し、先制ゴールを挙げた。ケルンはフランス人FWアントニー・モデストが3得点を挙げる活躍を見せ、4−2と打ち合いを制して6位に浮上している。なお大迫はフル出場、原口は73分までプレーした。

 ハンブルガーSVのDF酒井高徳は2試合連続のフル出場で、フランクフルトとスコアレスドロー。日本代表MF長谷部誠は欠場した。マインツのFW武藤嘉紀はシャルケ戦の82分からピッチに立ったが、チームは0−1で敗れている。アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史はベンチ入りしたが、フライブルクとのホームゲームで出番は訪れなかった。

■ブンデスリーガ第25節結果

ドルトムント 1−0 インゴルシュタット
ヴォルフスブルク 1−0 ダルムシュタット
ケルン 4−2 ヘルタ・ベルリン
アウクスブルク 1−1 フライブルク
ブレーメン 3−0 ライプツィヒ
ホッフェンハイム 1−0 レヴァークーゼン
フランクフルト 0−0 ハンブルガーSV
マインツ 0−1 シャルケ
ボルシアMG 0−1 バイエルン

■ブンデスリーガ第25節順位

1位 バイエルン(勝ち点62)
2位 ライプツィヒ(勝ち点49)
3位 ドルトムント(勝ち点46)
4位 ホッフェンハイム(勝ち点45)
==========CL==========
5位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点40)
6位 ケルン(勝ち点37)
==========EL==========
7位 フランクフルト(勝ち点36)
8位 フライブルク(勝ち点35)
9位 シャルケ(勝ち点33)
10位 ボルシアMG(勝ち点32)
11位 レヴァークーゼン(勝ち点31)
12位 マインツ(勝ち点29)
13位 ブレーメン(勝ち点29)
13位 アウクスブルク(勝ち点29)
14位 ヴォルフスブルク(勝ち点29)
========入れ替え戦========
16位 ハンブルガーSV(勝ち点27)
==========降格=========
17位 インゴルシュタット(勝ち点19)
18位 ダルムシュタット(勝ち点15)

サッカーキング

「バイエルン」をもっと詳しく

「バイエルン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ