リーグ5位浮上のマンU、モウリーニョはEL制覇に照準「獲りたい」

3月20日(月)14時27分 サッカーキング

EL制覇へ意欲を示したマンチェスター・Uのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第29節が19日に行われ、マンチェスター・Uはミドルスブラに3−1と快勝。リーグ戦での連続負けなし試合数は「18」を伸ばし、今節で敗れたアーセナルを抜いて5位に浮上した。しかしマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、プレミアリーグで4位以内を目指すよりもヨーロッパリーグ(EL)制覇を第一に考えているようだ。19日付のイギリス紙『サン』が報じている。

 ミドルスブラ戦での勝利により、昨年9月以来の5位浮上を果たしたマンチェスター・U。4位のリヴァプールとは4ポイント差があるとはいえ、2試合未消化であるため、チャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるトップ4入りは射程圏内と言える。

 しかし、モウリーニョ監督は「ヨーロッパリーグのタイトルを獲りたい」とコメント。「どちらにしても、チャンピオンズリーグに出場できるからね。それに名声やUEFAスーパーカップの出場権も得られる」と、その理由を説明した。EL王者にもCL出場権が与えられるため、強敵不在の欧州カップ戦に照準を合わせるようだ。

 ただし、同監督は「来シーズンのチャンピオンズリーグでプレーするために、扉が2つ開かれているというのは良いことだ」とも話しており、ELとプレミアリーグの双方でCL出場権を獲得する可能性が残っていることには満足感を示している。

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)ではサウサンプトンを破って優勝を果たした一方で、FAカップはチェルシーに敗れて準々決勝敗退となったマンチェスター・U。残すタイトルはプレミアリーグとELだが、いずれかの大会で2シーズンぶりのCL出場権を獲得することはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「マンU」をもっと詳しく

「マンU」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ