ベンゼマ、リーガ得点数がレアル歴代10位に…加入後250勝も達成

3月20日(月)19時17分 サッカーキング

ビルバオ戦で先制ゴールを挙げたベンゼマ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードに所属するフランス人FWカリム・ベンゼマが、リーガ・エスパニョーラにおける通算得点数で同クラブ歴代10位タイに入った。クラブの公式HPが伝えている。

 ベンゼマは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節のアスレティック・ビルバオ戦で、25分に先制ゴールを挙げた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドからのラストパスに反応し、右足ダイレクトでゴールネットを揺らした。レアル・マドリードは65分に同点に追い付かれたものの、68分にブラジル代表MFカゼミーロが決勝ゴールを挙げ、2−1と競り勝っている。

 アスレティック・ビルバオ戦でのベンゼマのゴールは、同選手にとってレアル・マドリード加入後のリーガ・エスパニョーラにおける119得点目だった。元スペイン代表FWのアマンシオ・アマロ氏に並び、クラブ歴代10位となった。

 ベンゼマはリーガ・エスパニョーラ237試合目の出場で119ゴールを記録。2試合に1ゴールのペースで得点を重ねている。なお、レアル・マドリードにおけるリーガ・エスパニョーラでの歴代得点ランキング首位はC・ロナウドで、280ゴールを記録している。

 なおベンゼマは、アスレティック・ビルバオ戦の勝利でレアル・マドリード加入後の公式戦250勝も達成。通算353試合目での到達で、同選手は177ゴールを記録しているという。

サッカーキング

ベンゼマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ