メッシ2発&ネイマールは手でアシスト…バルサ、10人のバレンシア破り2戦ぶり勝利

3月20日(月)6時39分 サッカーキング

2ゴールでバルセロナを勝利に導いたメッシ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第28節が19日に行われ、バルセロナとバレンシアが対戦した。

 前節の敗戦で連勝が6でストップしたバルセロナ。1試合消化が少ないレアル・マドリードに2ポイント差で首位の座を明け渡し、2位に転落した。これ以上レアルに離されないためにも、連勝を積み上げたいところ。2試合未勝利のバレンシアをホームに迎えた今節は、先発に前節欠場したネイマールとラフィーニャが復帰。リオネル・メッシルイス・スアレス、アンドレ・イニエスタらも先発出場した。

 試合はバルセロナが主導権を握ると、15分にはエリア内左に抜け出したスアレスが切り返しで1人かわして中央に折り返し。ゴール前のメッシが右足で合わせたが、相手DFにブロックされた。一方、バレンシアは19分、カルロス・ソレルがエリア内でこぼれ球に反応し、ダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに弾き返された。

 ボールを支配していたバルセロナだったが、29分にセットプレーから先制を許してしまう。右CKでダニエル・パレホのボールから、中央のエリアカン・マンガラに打点の高いヘディングシュートをゴール左隅に叩き込まれた。だが、バルセロナの反撃は6分後に実る。35分、スアレスがネイマールからのスローインでエリア内左に抜け出し、狙いすました右足シュートをゴール右隅に沈めた。

 44分、バレンシアはマンガラがスアレスにエリア内へ突破を許すと、ユニフォームを引っ張って阻止。マンガラにこの日2枚目のイエローカードで退場処分となり、バルセロナにはPKが与えられた。45分、キッカーのメッシがゴール中央に蹴り込んで、前半の内に逆転に成功した。

 だがその直後、バレンシアはホセ・ルイス・ガヤがエリア内左に抜け出して中央に折り返し。そこへ走り込んでいたムニル・エル・ハダディが左足でゴール右隅に流し込んだ。今シーズン、バルセロナからバレンシアにレンタル移籍しているムニルは、手を合わせて謝罪するようなポーズを見せた。前半は2−2で終了した。

 数的有利のバルセロナは後半に入ってほぼ相手陣内で試合を進める。52分、エリア内右でパスを受けたメッシが、強烈な右足シュートでゴールネットを揺らし、勝ち越しに成功した。65分にはイヴァン・ラキティッチを下げてセルジ・ロベルトを投入する。その後もメッシ、スアレス、ネイマールの“MSN”を中心にチャンスを作るが、最後のところで決められずゴールが遠い。

 なんとか1点差を保つバレンシアは73分にムニルを下げてシモーネ・ザザを投入した。バルセロナは74分にラフィーニャに代えてアンドレ・ゴメスをピッチに送り出す。77分、エリア手前左からのFKでネイマールが直接右足で狙うが、シュートは左ポストをかすめて枠の左に逸れた。

 バレンシアを圧倒していたバルセロナは89分に試合を決める追加点を挙げる。右サイドを突破したネイマールがエリア内に進入し、味方の上がりを待って折り返し。そこに走り込んだアンドレ・ゴメスが右足で合わせてネットを揺らした。試合はこのままタイムアップ。バルセロナが4−2で勝利し、2試合ぶりの白星を収めた。敗れたバレンシアは3試合勝利から遠ざかる結果となった。

 バルセロナは次節、4月2日にアウェイでグラナダと対戦。バレンシアは同日にデポルティーボをホームに迎える。

【スコア】
バルセロナ 4−2 バレンシア

【得点者】
0−1 29分 エリアカン・マンガラ(バレンシア)
1−1 35分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
2−1 45分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)
2−2 45+1分 ムニル・エル・ハダディ(バレンシア)
3−2 52分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
4−2 89分 アンドレ・ゴメス(バルセロナ)

サッカーキング

「バレンシア」をもっと詳しく

「バレンシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ