イニエスタが退団示唆のバルサ、コウチーニョとヴェラッティを狙う

3月20日(月)16時18分 サッカーキング

バルセロナが獲得を目指すコウチーニョ(左)とヴェラッティ(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 バルセロナが、リヴァプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョとパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティの獲得を検討しているようだ。19日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 その伝えるところによると、バルセロナは今年の5月で33歳になるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに代わる存在として、コウチーニョとヴェラッティをチームに加えたい模様。イニエスタが退団の可能性をほのめかしており、後継者探しが急務となっている。

 コウチーニョは今冬に、ヴェラッティは昨夏にそれぞれ所属クラブとの契約を延長しており、獲得は困難を極めることが予想される。果たして、バルセロナはその思惑通りイニエスタの後釜を確保することができるだろうか。

サッカーキング

イニエスタをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ