BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

FIFA、W杯予選の”疑惑の判定”に厳罰。ガーナ人主審に終身活動停止処分

フットボールチャンネル3月21日(火)20時2分
画像:FIFA、W杯予選の”疑惑の判定”に厳罰。ガーナ人主審に終身活動停止処分
写真を拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は20日、ガーナ人審判のジョセフ・ランプティ氏がW杯予選の試合結果を「操作」したとして、あらゆるサッカー関連活動への関与を生涯にわたって禁じる処分を下すことを発表した。

 ランプティ氏は昨年11月12日に行われたロシアW杯アフリカ3次予選の南アフリカ対セネガル戦で主審を務め、前半42分にセネガルの選手にペナルティーエリア内でのハンドがあったとして南アフリカにPKを与えた。このPKを決めて先制した南アフリカは最終的に2-1の勝利を収めている。

 だがリプレイでは、ボールはセネガルの選手の足にしか当たっていないことがはっきりと確認できる。FIFAはこの判定について、「規則に反する形で試合結果に影響を与えた」としてランプティ氏に処分を下している。「FIFAは試合の操作に対して非寛容の方針で臨み、サッカーの誠実性を保護することに努めている」とも述べた。

 ランプティ氏は問題の判定に対し、アフリカサッカー連盟(CAF)からも試合の数日後に3ヶ月間の活動停止処分を下されていた。FIFAによる発表からは、単なる誤審ではなく何らかの意図を持って試合結果を操作しようとした行為だったと判断していることが読み取れるが、その詳細については明らかにされていない。

 試合結果を有効とするのかどうかなどの扱いも現時点で未定。「南アフリカ対セネガル戦に関するさらなる情報は、決定が最終的なものとなった際に提供する」とFIFAは述べている。アフリカの最終予選にあたる3次予選は4チームのグループから首位の1チームが本大会出場権を獲得する形であり、この試合の結果の扱いがW杯出場国に大きく影響する可能性もある。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「FIFA、W杯予選の”疑惑の判定”に厳罰。ガーナ人主審に終身活動停止処分」の関連ニュース

注目ニュース
副審に暴言のメッシ、W杯予選4試合の出場停止 読売新聞3月29日(水)10時32分
国際サッカー連盟(FIFA)は28日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に対し、2018年ワールドカップ(W杯)南米予選4試合の出場停止処分と罰金1万スイス・フラン(約110万円)を科したと発表した。今月23日に行われた同予選のチリ戦で副審に暴言を吐いたため。[ 記事全文 ]
王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る NEWSポストセブン3月28日(火)16時0分
プロ野球の長いシーズンで特別な意味を持つのが「開幕投手」。しかし、1996年の開幕戦で、開幕投手を巡って“世界の王”が激怒するという事件が…[ 記事全文 ]
川島 神セーブ連発!PK止めてこん身ガッツ&ドヤ顔 スポーツニッポン3月29日(水)5時8分
◇サッカーW杯アジア最終予選B組日本4—0タイ(2017年3月28日埼玉)ドヤ顔になるのもうなずける仕事ぶりだ。[ 記事全文 ]
ムネリン カブス解雇された OP戦メンバーから急きょ外れ… スポーツニッポン3月29日(水)7時8分
カブスは28日(日本時間29日)、マイナー契約で招待選手としてメジャーキャンプに参加していた川崎宗則内野手(35)の解雇を発表した。[ 記事全文 ]
準々決勝進出の錦織=テニス 時事通信3月29日(水)2時45分
テニスのマイアミ・オープン4回戦で、デルボニス(アルゼンチン)を破り、準々決勝進出を決めた錦織圭=28日、米フロリダ州マイアミ [ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア