ドルト、逆転勝利で10戦無敗…先発の香川は2試合連続ゴールならず

3月21日(月)3時20分 サッカーキング

アウクスブルク戦でゴールを祝うドルトムントの選手たち [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第27節が20日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。

 ここ4試合白星がない13位アウクスブルクは、残留に向けてホームゲームで勝ち点3がほしいところ。一方、2位ドルトムントは9試合無敗と好調を維持し、首位バイエルンを5ポイント差で追いかけている。前節のマインツ戦で今シーズン公式戦9ゴール目を挙げた香川は、リーグ戦2試合連続で先発に名を連ねた。

 立ち上がりからボールポゼッションを高めて敵陣に押し込むドルトムントだったが、なかなかシュートまで持ち込めずにいると、アウクスブルクが一瞬の隙を突いて先制に成功する。16分、最終ラインからのロングボールで左サイド高い位置をとったフィリップ・マックスがエリア内左にスルーパス。これを受けたカイウビーがダイレクトでゴール前に折り返すと、フリーで走り込んだアルフレズ・フィンボガソンが難なく押し込んでネットを揺らした。

 ドルトムントがようやく決定機を迎えたのは41分。右サイドからドリブルで中央に持ち運んだヘンリク・ムヒタリアンがエリア内左に浮き球のスルーパス。これでDFの裏を取ったマルコ・ロイスが右足ハーフボレーで狙ったが、シュートはGKに阻まれた。

 すると45分に同点ゴールが決まる。敵陣中央でDFをかわしたムヒタリアンがエリア手前のロイスに預けると、ロイスはエリア内に楔のパスを入れる。ゴールを背にしてこれを受けたヌリ・シャヒンが後方に落とし、走り込んだムヒタリアンが左足で合わせると、DFに当たってコースが変わったシュートがゴール右隅に吸い込まれた。このまま1−1で前半を折り返す。

 両者はハーフタイムに選手交代を行い、アウクスブルクはダニエル・バイアーに代えてマルクス・フォイルナーを、ドルトムントはロイスを下げてゴンサロ・カストロを投入した。

 後半先に決定機を迎えたのはドルトムント。60分、自陣でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、ロングボールで左サイドの裏に抜けだしたムヒタリアンが左足でアーリークロス。ファーサイドのアドリアン・ラモスが滑り込みながら右足で合わせたが、シュートは枠の右に逸れた。直後の61分、ドルトムントは香川に代えてモリッツ・ライトナーをピッチに送り出す。

 攻め続けるドルトムントが逆転したのは69分だった。ハーフウェイライン付近からマッツ・フンメルスがエリア内にロングボールを送ると、これを胸でコントロールしたアドリアン・ラモスが中央に落とし、走り込んだカストロが右足でゴール右隅に決めた。

 75分には右CKからのクロスがファーサイドに流れたところをアドリアン・ラモスがヘディング。一度はGKに阻まれたが、こぼれ球を自ら左足で押し込み、ドルトムントがリードを2点に広げた。

 試合はこのまま3−1で終了のホイッスルを迎え、アウェーのドルトムントが逆転勝利。これで10試合負け無しとなった。一方のアウクスブルクは5試合白星なしと苦戦が続いている。なお、香川は61分までプレーした。

 次節、アウクスブルクは4月2日に敵地で日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと、ドルトムントは同日にホームでブレーメンと対戦する。

【スコア】
アウクスブルク 1−3 ドルトムント

【得点者】
1−0 16分 アルフレズ・フィンボガソン(アウクスブルク)
1−1 45分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
1−2 69分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
1−3 75分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

サッカーキング

「アウクスブルク」をもっと詳しく

「アウクスブルク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ