マンUがダービーを制してCL出場に望みつなぐ…18歳ラシュフォードが決勝弾

3月21日(月)11時18分 サッカーキング

決勝ゴールを奪った18歳のFWラシュフォード [写真]=Man Utd via Getty Images

写真を拡大

 20日のプレミアリーグ第31節で、マンチェスター・Cとマンチェスター・Uによる“マンチェスター・ダービー”が行われた。

 勝点差4で迎えた“マンチェスター・ダービー”。優勝が絶望的な4位のマンチェスター・Cは、わずかな望みをつなぐためにも、ライバル相手に負けられない試合となる。一方、チャンピオンズリーグ(CL)出場権圏内に滑り込みたい6位のマンチェスター・Uにとっても、差を縮める大きなチャンスとなる。マンチェスター・Uは18歳のFWマーカス・ラシュフォードを4試合連続でスタメン起用した。

 この試合で最初にチャンスを作ったのはマンチェスター・C。14分、エリア内左でラヒーム・スターリングとダビド・シルバがパス交換。シルバが左足クロスを入れると、ファーサイドのヘスス・ナバスがワントラップから右足シュートを狙ったが、ここはGKダビド・デ・ヘアのセーブに阻まれた。

 スコアが動いたのは16分。マンチェスター・Uが敵陣で攻め込むと、中盤でボールを持ったフアン・マタが相手DFの裏にスルーパスを送る。抜けだしたラシュフォードがドリブルでマルティン・デミチェリスをかわし、右足シュートを流しこんだ。これがゴール右下に決まり、マンチェスター・Uが先制に成功する。

 1−0でマンチェスター・Uがリードして後半を迎えると、立ち上がりにアクシデントが発生する。46分、マンチェスター・Cの守護神ジョー・ハートが、キックの際に足を痛めてGKウィリー・カバジェロとの交代を余儀なくされた。

 54分、左サイドでパスを受けたアントニー・マルシャルがカットインして右足シュート。相手DFの足をかすめたボールがゴールを襲ったが、ここはGKカバジェロがなんとかセーブした。

 追いつきたいマンチェスター・Cに決定機が訪れる。66分、右サイドでボールを持ったヤヤ・トゥーレがエリア右横からクロスボールを供給する。ニアに飛び込んだセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを放ったが、ここは右ポストを直撃。同点ゴールとはならなかった。

 続く71分、エリア手前右でY・トゥーレからパスを受けたシルバが左足で逆サイドへ浮き球のパスを入れる。アグエロが頭で折り返すと、Y・トゥーレがダイレクトで再び中央へ戻す。これにウィルフリード・ボニーが飛び込んだが、ここは得点には至らなかった。

 後半アディショナルタイム1分、右サイドのシルバがアーリークロスを入れる。エリア内でこれを受けたアグエロが胸トラップから右足シュートを放ったが、ここは枠の左に外れてしまった。試合はホームのマンチェスター・Cが数多くのチャンスを作ったものの、0−1でマンチェスター・Uに敗れた。これで両クラブの勝点差は1まで縮まり、マンチェスター・Uにとっては大きな白星となった。

 次節、マンチェスター・Cは敵地でボーンマスと、マンチェスター・Uはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 0−1 マンチェスター・U

【得点者】
0−1 16分 マーカス・ラシュフォード(マンチェスター・U)

サッカーキング

「マンU」をもっと詳しく

「マンU」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ