BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

W杯予選で誤審の主審に生涯活動禁止の厳罰…「試合への不当な影響」

サッカーキング3月21日(火)17時46分
画像:厳罰処分が科されたランプティ主審(左) [写真]=Joern Pollex - FIFA/FIFA via Getty Images
写真を拡大
厳罰処分が科されたランプティ主審(左) [写真]=Joern Pollex - FIFA/FIFA via Getty Images
 FIFA(国際サッカー連盟)は20日、ガーナ人のジョセフ・オダルテイ・ランプティ主審に「生涯活動禁止」という厳罰処分を科した。イギリス紙『ガーディアン』が伝えている。

 問題となったのは、昨年11月12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アフリカ予選のグループD、南アフリカとセネガルの一戦。ホームの南アフリカが2−1で勝利したが、南アフリカの先制点となったPKの判定が物議を醸していた。

 前半41分、ランプティ主審はペナルティエリア内でのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリのハンドを指摘し、南アフリカにPKのチャンスを与える。しかしボールは明らかに手ではなくクリバリの足に当たっており、セネガルの選手たちは強く抗議。結局抗議は聞き入れられず、先制に成功した南アフリカが前半のうちに追加点を奪うと、セネガルは後半に1点を返すにとどまった。この結果、セネガルはグループ3位に後退。一方の南アフリカは首位のブルキナファソと勝ち点で並び、得失点差で2位となった。

 FIFAは声明の中で、規律委員会がランプティ主審に対し、国内外を問わず生涯あらゆる試合の審判を行うことを禁止すると発表。「試合結果への不当な影響」を禁止する条項に違反するとしている。

 なお、ランプティ氏は処分を不服とする場合、スポーツ仲裁裁判所に提訴することができる。

 昨年3月にもFIFAは、2010年に南アフリカで行われた国際親善試合について倫理規定違反があったとして、同国のサッカー協会の元役員3人に一定期間の活動停止や罰金の処分を下している。

 
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「誤審」をもっと詳しく

誤審に関するまとめ
注目ニュース
遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で活躍する爽やかな高校球児たち。彼らの姿とは対照的に、この一大イベントは大金の動くビッグビジネスでもあ…[ 記事全文 ]
鉄人イチロー、MLB通算2602試合で歴代単独40位 名手アパリシオを抜く フルカウント8月21日(月)15時48分
安打、出場、盗塁…歴代ランキングを駆け上がるイチローマーリンズのイチロー外野手が20日(日本時間21日)の敵地メッツ戦でメジャー通算260…[ 記事全文 ]
遊撃手のダイブ→“ミサイル送球”で試合終了 驚異の美技に「勝利より感銘的」 フルカウント8月21日(月)12時20分
エチャバリアがまた驚愕の美技、「毎年ゴールドグラブ賞を取るべき」レイズのアデイニー・エチャバリア内野手が、20日(日本時間21日)の本拠地…[ 記事全文 ]
ダルビッシュ、“2段モーション騒動”に言及「本当にどうでもいいことには力入れる」 フルカウント8月21日(月)8時25分
菊池が反則投球と判定されたことについてツイッターでつぶやくドジャースのダルビッシュ有投手が、西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦で反則投球を…[ 記事全文 ]
真中監督、不正投球裁定に怒り「NPBがあいまい」 日刊スポーツ8月20日(日)16時30分
<広島6−5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアムヤクルト真中満監督(46)が西武菊池の2段モーションなどの裁定について「NPBの怠慢だよ。…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア