BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

WBC米代表、昨季47セーブのメランコン招集

読売新聞3月21日(火)13時26分

 米国代表のリーランド監督は20日、WBC決勝ラウンドに向け、予備登録していた抑え右腕のメランコン(ジャイアンツ)を追加招集したことを明らかにした。

 メランコンは昨季、パイレーツとナショナルズで計2勝2敗47セーブ、防御率1・64の成績を残した。(三室学)

COPYRIGHT THE YOMIURI SHIMBUN

はてなブックマークに保存

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「WBC米代表、昨季47セーブのメランコン招集」の関連ニュース

注目ニュース
稀勢の里「忘れられない大阪場所になった」 左肩痛みは「ほぼほぼない」 スポーツニッポン3月27日(月)11時28分
大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を果たした新横綱の稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が27日、田子ノ浦部屋宿舎のある大阪市港区の築港高野山…[ 記事全文 ]
貴親方、稀勢に感じた「風格」 横綱の責任果たし殻ひとつ破った スポーツニッポン3月27日(月)8時18分
◇大相撲春場所千秋楽(2017年3月26日エディオンアリーナ大阪)平成の大横綱の貴乃花親方が、新横綱で優勝した稀勢の里を祝福した。[ 記事全文 ]
高安、兄弟子の涙にもらい泣き 来場所大関取りへ「自分のためにしっかりと頑張ります」 スポーツ報知3月27日(月)7時1分
◆大相撲春場所千秋楽○高安(寄り切り)玉鷲●(26日・エディオンアリーナ大阪)横綱・稀勢の里が2場所連続2度目の優勝を飾った。[ 記事全文 ]
前垂れが土俵につき「負け」…誤審で厳重注意 読売新聞3月26日(日)19時5分
千秋楽の取組で、三段目力士の前垂れ(まわし)が土俵につき、審判から物言いがついて負けとされる一番があった。しかし、勝負規定上は「締込の前の垂れが砂についても負けとならない」とされており、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)が当該審判団を厳重注意とした。勝負結果は覆らない。 [ 記事全文 ]
行司も驚いた 毎月太くなる稀勢の下半身「明らかに違う」 スポーツニッポン3月27日(月)11時38分
◇大相撲春場所千秋楽(2017年3月26日エディオンアリーナ大阪)初場所で千秋楽結びの一番を土俵下から見た行司の式守勘太夫は、土俵際で粘る…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア