リバプールの古株CBが夏の放出候補に? 移籍金の捻出とマティプ加入で

3月22日(火)10時1分 フットボールチャンネル

 リバプールに所属する31歳のスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルは、夏の移籍市場で売り出されることになるかもしれない。21日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 同紙によると、シャルケに所属するDFジョエル・マティプが夏にリバプールに加入することは決まっており、それと反対にシュクルテルを放出する可能性があるとのこと。移籍金を捻出する目的もあるようだ。

 シュクルテルは今季公式戦24試合に出場している。リバプールには2008年から在籍している古株の一人だ。スロバキア代表としては通算76試合の出場経験があり主将も務めている。実力もあるだけに、他クラブも獲得を狙っているかもしれない。

フットボールチャンネル

移籍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ