リバプール、来季は“伝説”がカムバック? ジェラードがコーチ入閣計画を明かす

3月22日(火)12時29分 フットボールチャンネル

 かつてリバプールのキャプテンとして長くプレーしたスティーブン・ジェラードが、将来的に古巣のコーチに入閣するプランがあると明かした。英紙『ザ・サン』が伝えている。

 現在は、アメリカMLSのロサンゼルス・ギャラクシーに所属するジェラードだが、今季限りで現役を引退するのではともいわれている。引退後は、共にアンフィールド(リバプールの本拠地)でプレーしたジェイミー・キャラガー氏と古巣に戻ることを夢見ていると語った。

「いろんなことを考えているよ。ジェイミーの試合への知識は優秀だ。僕は、残りの人生でともに再びクラブに戻ることを考えている。僕らの心の中にリバプールがあることは言うまでもない。もし選手を引退して僕を候補のひとりとして考えくれれば、オファーしてくれた人の信頼に応えたい」

 アメリカ移籍後も度々リバプールへの愛情を示してきたジェラードだが、再びアンフィールドに復帰することはあるのだろうか。

フットボールチャンネル

来季をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ