GKがラストプレーで劇的ゴール! デンマークで奇跡が起こる

3月22日(火)7時41分 フットボールチャンネル

 デンマークで奇跡のゴールが生まれた。デンマーク・スーペルリーガ(デンマーク1部)第22節が現地時間の19日に行なわれ、オーフスはアウェイでAaBと対戦した。

 試合は87分を終えて1-1と拮抗した展開で進む。93分にオーフスはジョンソンのオウンゴールによってAaBに追加点を与えてしまう。そのまま2-1で試合が終了すると思われた94分、奇跡のゴールが生まれた。

 オーフスがコーナーキックを奪うと、クロスはゴール前に。すると、ラストプレーで攻め上がっていたGKラスムッセンが相手GKに競り勝ち劇的なヘディングシュートを決める。そのまま試合は2-2で終了し、オーフスが貴重な勝点1をもぎ取った。

 現在33歳のラスムッセンは2002年にオーフスに加入し、以後14年に渡ってオーフス一筋を貫いてきた。同選手にとってはキャリア初得点が嬉しい劇的な同点ゴールとなっている。

フットボールチャンネル

デンマークをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ