ワニに襲われ19歳選手が死亡。川辺で練習中に悲劇…水の中に引きずり込まれる

3月22日(水)11時23分 フットボールチャンネル

 モザンビーク2部のアトレティコ・ミネイロ・デ・テテに所属する19歳のエステバン・アルベルト・ジノがワニに襲われて死亡した。21日に仏メディア『ラデペーチェ』が報じている。

 同メディアによると、先週の木曜日(16日)にザンベジ川の近くでトレーニングをしていたジノ。ジョギングを終えた後に川に手を入れたところ、ワニが噛み付いてきたとのこと。そのままジノは水の中に引きずり込まれている。

 チームを率いるエドゥアルド・カルバリョ監督は「ワニの体長は5メートルあり、周辺にいた人々は何もすることができなかった」と述べた。遺体は発見できていないものの、同メディアは「ワニに殺された」と報じている。また、ザンベジ川周辺ではワニに襲われる被害が多発しているという。

フットボールチャンネル

「ワニ」をもっと詳しく

「ワニ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ