「来季もチェルシーにいると思う」。守護神がレアル行きを否定

3月22日(水)8時1分 フットボールチャンネル

 チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワは、来シーズンにレアル・マドリーへ移籍する可能性を否定している。20日にスペインラジオ『カデナ・セール』で語った。

 クルトワは以前からマドリーが移籍市場でのターゲットにしていると言われるGKの一人。マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを第一の候補としながらも、来夏にデ・ヘアを獲得するのが不可能であればマドリーはクルトワの獲得に動くことになるという見通しも報じられている。

 だが、かつてアトレティコ・マドリーで活躍したベルギー代表守護神は、古巣のライバルへ来季移籍するかどうかとの質問に「ノー」と明言。「自分がレアル・マドリーに行くとは思わない。チェルシーにいると思う」と語った。

「チェルシーは6年前に、ベルギーでプレーしていた僕を見て契約のチャンスを与えてくれた。アトレティコで3年間プレーすることも許してくれて、僕が今のようなGKになる上で大きなプラスになった。チェルシーでハッピーだし、他の場所に行くとは思っていない」とクルトワは残留を強調している。

 2019年までとなっているチェルシーとの契約を延長することにも意欲を見せているが、具体的な交渉を行っているわけではないとのこと。「今のところ何も話はしていない。シーズンが終わってからオファーがあるかどうかだが、今はオファーを受けてはいない」と話している。

フットボールチャンネル

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ