阪神高山、DeNA戸柱、広島豊作…開幕から活躍期待のルーキーは?【セ編】

3月22日(火)14時41分 フルカウント

開幕ローテ入りするルーキーは?

 プロ野球のオープン戦は21日、全日程を終えた。

 セ・リーグで開幕から活躍が期待されるのが、阪神・高山俊外野手だ。オープン戦先発全13試合で安打をマーク。3割2分7厘の好打率で、開幕スタメンを手中に収めた。プロ3年目の横田慎太郎外野手との1、2番コンビは金本阪神の注目の的となりそうだ。

 ヤクルト・原樹理、巨人・桜井俊貴、広島・岡田明丈&横山弘樹、中日・福敬登、DeNA・今永昇太は開幕ローテ入りが期待される。原と桜井は27日の開幕第3戦で“プロデビュー対決”する可能性があり、フレッシュな対決が期待できそうだ。

 DeNA・戸柱恭孝は開幕1軍どころか、開幕スタメンマスクの期待大。ドラフト4位指名だったが、鹿屋中央高、駒大、NTT西日本と経験豊富。昨季リーグワーストとなる68の暴投を記録したベイ正捕手問題を解決することができるか。

 セ・リーグで開幕から活躍が期待される新人選手のオープン戦成績は以下の通り。

○ヤクルト

原樹理投手(ドラフト1位、東洋大)
4試合登板、0勝1敗、防御率1・80

○巨人

桜井俊貴投手(ドラフト1位、立命館大)
3試合登板、1勝1敗、防御率4・50

重信慎之介外野手(ドラフト2位、早大)
18試合出場、打率1割8分4厘、0本塁打、1打点

無失点でOP戦を終えた広島ドラ6仲尾次

○阪神

高山俊外野手(ドラフト1位、明大)
14試合出場、打率3割2分7厘、0本塁打、4打点

○広島

岡田明丈投手(ドラフト1位、大商大)
4試合登板、0勝1敗、防御率3・60

横山弘樹投手(ドラフト2位、NTT東日本)
4試合登板、2勝1敗、防御率2・81

西川龍馬内野手(ドラフト5位、王子)
16試合出場、打率3割8分9厘、0本塁打、3打点

仲尾次オスカル投手(ドラフト6位、ホンダ)
8試合登板、0勝0敗、防御率0・00

○中日

福敬登投手(ドラフト4位、JR九州)
3試合登板、0勝0敗、防御率2・84

○DeNA

今永昇太(ドラフト1位、駒大)
2試合登板、1勝1敗、防御率2・70

柴田竜拓内野手(ドラフト3位、国学院大)
12試合出場、打率3割7分5厘、0本塁打、3打点

戸柱恭孝捕手(ドラフト4位、NTT西日本)
10試合出場、打率2割5分、0本塁打、2打点

フルカウント

「豊作」をもっと詳しく

「豊作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ