ソフトB柳田、今季初守備に「緊張」 右肘回復「実戦感覚を養っていきたい」

3月22日(水)21時59分 フルカウント

打撃では3打席連続空振り三振「本番じゃなくて良かった」

 ギータがいよいよ臨戦態勢を整えた。右肘痛のため、指名打者での出場を続けてきたソフトバンクの柳田悠岐外野手が22日の阪神戦で今季初めて守備についた。この日は「4番中堅」で出場。守備機会を無難にこなし、右肘の順調な回復ぶりを示した。

「久々の守備で最初は緊張しましたけど、(一度打球を)捕ったら、案外普通に出来ました」と、オープン戦初の中堅守備を振り返った柳田。2回1死から原口の中堅フェンス直撃の二塁打で打球を処理すると、3回には梅野、上本の右中間への打球を捕球。交代する5回までに、背走しながらのキャッチなど5度の守備機会をこなし「(肘は)順調です。いい感じできていると思う。残り少ないので、実戦感覚を養っていきたい」と語った。

 一方で打撃面は、この日は3打席連続で空振り三振に倒れ「本番じゃなくて良かったです。本番だったらと思うと、ゾッとします」と苦笑い。オープン戦残り4試合。柳田は、ここから打撃も、守備も状態をさらに上げていく。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「ソフトB」のニュース

BIGLOBE
トップへ