【MLB】大谷翔平の去就をめぐり情報錯綜 開幕メジャー当確報道をGMは否定…

3月22日(木)22時26分 フルカウント

全国紙「USAトゥデー」は「開幕戦はDH、3戦目に先発」と伝えるも…

 3月29日(日本時間30日)に迫ったメジャー開幕を前に、日米で大きな注目を集めているのがエンゼルス大谷翔平投手の命運だ。開幕をメジャーで迎えるのか、はたまたマイナーで迎えるのか‐‐。

 ベーブ・ルース以来の二刀流実現を目指す23歳右腕は、ここまでオープン戦では投打両面でメジャーへのアジャストに苦労している。思うような結果が残せず、オープン戦では2試合に先発して防御率は27.00。ブルワーズとの練習試合ではマイナー選手を圧倒したが、メキシカンリーグのティファナ戦では3回で6失点だった。

 打者としては、オープン戦10試合に出場で28打数3安打、打率.107と厳しい数字。20日(同21日)ダイヤモンドバックス戦で3本目のヒットを放つまで、15打席連続無安打という状態が続いた。もちろん、投打にわたり、結果に表れない数多くの収穫もあるだろうが、期待値が高かった分、周囲の反応は手厳しい。

 それだけに、キャンプイン当初は開幕メジャーが既定路線だと思われていたが、開幕をマイナーで迎えた方がいいのでは、という声も聞こえ始めた。開幕ロースター25人枠に入るのか否か。周囲の興味はその1点に尽きるが、ここへきて米メディアでも各方面から様々な情報が錯綜している。

 米全国紙「USAトゥデー」電子版では21日(同22日)に掲載した大谷の特集記事内で、エンゼルスの球団上層部2人の話として「大谷は開幕3戦目の3月31日アスレチックス戦で先発し、開幕日(29日)の先発ロースターにはDHとして入るという暫定案がある」とリポート。開幕ロースター入りは当確と伝えた。

 だが、球団公式サイトでは、エンゼルスのビリー・エプラーGMが「この報道を否定」と伝えている。記事によれば、エプラーGMは「あれば間違っている」と話し、「現時点ではまだ誰の予定も決めていない」と白紙であることを強調したという。

 大方の予想は開幕メジャーだが、同時に、長い目で見れば、マイナーリーグでじっくり育てる方がいいという声もある。様々な情報が錯綜するのも、大谷に対する注目度が高い証拠だろう。開幕まであとわずか。エンゼルスはどんな決断を下すのだろうか。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ