U18日本代表サイ・ゴダード、トッテナムユースの公式戦で豪快ボレー弾

3月22日(火)20時30分 サッカーキング

18日のレスターU21戦で初ゴールを挙げたサイ・ゴダード(左から4人目)[写真]=Getty Images

写真を拡大

 トッテナムのユースチームに所属し、イギリス人の父親と日本人の母親を持つことで知られるサイ・ゴダード。イングランドと日本のハーフでありながら世代別代表では日本を選択しており、2013年にフランスで開催されたU−16モンテギュー国際トーナメントでもU−16日本代表の一員としてプレーした。

 その後もU−17日本代表に選ばれており、昨年11月にはイングランド遠征に向けたU−18日本代表のトレーニングパートナーに選出(負傷のため後に辞退)。東京オリンピック世代の一人として将来を嘱望されている。

 そんなサイ・ゴダードは現在、トッテナムのU−21チームでプレー。U−21プレミアリーグでここまで15試合に出場している。18日、レスターU−21との試合では72分から途中出場。すると後半アディショナルタイム、左サイドからのクロスが相手選手にクリアされると、そのこぼれ球を豪快にボレー。弾丸のようなシュートがゴール左隅へと突き刺さり、試合を決定付ける3点目を奪った。

 なお、サイ・ゴダードはこれがU-21プレミアリーグでの嬉しい初得点。クラブはこのゴールを公式フェイスブックで「サイ・ゴダードによる素晴らしい一撃を見よ!」と興奮気味に紹介している。

(記事提供:Qoly)

サッカーキング

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ