ハリルが起用示唆したGK東口順昭「チャンスがくればモノにする」

3月22日(火)22時5分 サッカーキング

22日に埼玉県内でトレーニングを行ったGK東口順昭 [写真]=兼子愼一郎

写真を拡大

 日本代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のアフガニスタン代表戦(24日)、シリア代表戦(29日)に向けて、22日に埼玉県内で合宿2日目を迎えた。

 メンバー発表の記者会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督から起用を示唆されていたGK東口順昭(ガンバ大阪)は、「(19日の)神戸戦でいい結果が得られなかったからどうかなと思いますけど。今日からミーティングあるんで、定まってくるかなと思います」と述べると、「選手の誰もが出たい舞台ですし、選ばれてから結構な間、出れなかったんで。チャンスがくればモノにしたいなとは思います」と、出場への意欲を見せている。

 今回のメンバーには9カ月ぶりに川島永嗣(ダンディー・U)が復帰を果たし、GK陣のポジション争いは厳しさを増すこととなった。東口は「いつも試合に出る準備はしているつもりですけど、まずはチームの勝利。ワールドカップ予選なんで、本大会に出場できることを最優先にやっていきたいと思います」とチームプレーに徹すると主張。

 そのうえで「ポジションの特性上、一回のミスで致命傷になることがあるので、信頼を得たからといってずっと出られるわけじゃないと思う。日本代表は毎回毎回がチャレンジだと思いますし、その積み重ねだと思います」と、定位置争いに向けた意気込みを語った。

サッカーキング

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ