名古屋FW松田力、全治6週間の離脱…右ハムストリングス肉離れ

3月22日(火)17時0分 サッカーキング

全治6週間との診断結果が発表された松田力 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 名古屋グランパスは22日、FW松田力が右ハムストリングス肉離れにより、全治6週間と診断されたことを発表した。松田は19日の明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節ベガルタ仙台戦で負傷した。

 松田は1991年生まれの24歳。今シーズンの明治安田生命J1リーグ・ファーストステージでは、第4節終了時点で3試合出場1ゴールを記録。19日の仙台戦でも先発出場を果たしたが、58分に途中交代していた。翌20日に豊田市内の病院で検査を受け、全治6週間との診断結果が明らかになった。

 名古屋の次戦は23日、ヤマザキナビスコカップ・グループA第1節で大宮アルディージャとアウェーで対戦する。

サッカーキング

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ