アイルランド代表、キーン氏がベイルの徹底マークを予告「タックルしてでも…」

3月22日(水)13時59分 サッカーキング

ウェールズ代表でも中心的な役割を果たすベイル [写真]=Stu Forster/Getty Images

写真を拡大

 24日、アイルランド代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でウェールズ代表と対戦する。本拠地での重要な一戦を前に、アイルランド代表のアシスタントコーチを務めるロイ・キーン氏が、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルを徹底的にマークすることを明かした。イギリス紙『デイリーメール』が21日に報じている。

 現在アイルランドは勝ち点10で、グループDの首位。対するウェールズは勝ち点6で3位だが、今回の対戦で敗れた場合は勝ち点1差に詰められてしまうため、ホームでの敗戦は避けたいところだ。

 キーン氏はベイルのようなワールドクラスの選手に対して有効な戦術は見つからないと、正直にコメント。

「どれだけ対策を講じても、ひょいと交わされてしまう。ベイルは何度もそういう経験をしてきたのだから」と、その才能を認め「ウェールズの選手たちは、彼がのびのびとプレーできるよう献身的にサポートしていることが素晴らしい」と対戦相手へのリスペクトを示した。

 一方で現役時代には”闘将”として熱いプレーで知られたキーン氏だけに、チームに激しいアドバイスを送ることも忘れなかった。

「ベイルのような選手を止めるには、とにかく素早く彼を捕まえるしかない。レアル・マドリードでプレーしているときのように、前を向かせてはいけない。彼が走りこめるスペースを作らせてはいけない。タックルしてでも止める。もちろんラフプレーはいけないが、タックルだって試合の一部だ」。

 ベイルは今シーズンのリーガ・エスパニョーラで16試合に出場して7得点。ウェールズ代表では2006年のデビュー以降、65試合に出場し26ゴールを記録している。

サッカーキング

「アイルランド」をもっと詳しく

「アイルランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ