多くのタレント擁するプレミア…最も代表招集選手が多いクラブは?

3月22日(水)13時45分 サッカーキング

多くの代表選手を抱えるマンチェスター・U [写真]=Catherine Ivill - AMA/Getty Images

写真を拡大

 22日から親善試合や2018 FIFAワールドカップ ロシア 予選が世界各国で開催。イギリスメディア『スカイスポーツ』は、プレミアリーグのクラブ別にそれぞれ代表チームに招集されている選手の数を集計し、ランキング化している。

 最も代表招集選手数が多いのはマンチェスター・U。スペイン代表GKダビド・デ・ヘアをはじめ、イングランド代表にDFフィル・ジョーンズ、DFクリス・スモーリングを含む5選手が選ばれるなど、合計15選手が選出されている。

 2位はトッテナムで14選手。ベルギー代表MFムサ・デンベレ、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、韓国代表FWソン・フンミンなどが招集されている。

 3位のマンチェスター・Cは、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、スペイン代表MFダビド・シルバ、ブラジル代表MFフェルナンジーニョなどで計13選手。

 12選手のアーセナル、チェルシー、サウサンプトン、ハルが同率4位となっている。

 プレミアリーグは4月1日に再開。タイトル争いが激化する終盤戦だけに、選手のコンディションも重要になってくる。ファンにとっては代表戦での活躍も楽しみな反面、ケガや移動による疲労も気になるところだろう。

 ランキングは以下のとおり。

1位 マンチェスター・U(15選手)
2位 トッテナム(14選手)
3位 マンチェスター・C(13選手)
4位 アーセナル(12選手)
  チェルシー
  サウサンプトン
  ハル
8位 リヴァプール(11選手)
9位 ウェスト・ブロムウィッチ(10選手)
  ストーク
11位 エヴァートン(9選手)
12位 レスター(8選手)
13位 バーンリー(7選手)
14位 ウェストハム(6選手)
15位 クリスタル・パレス(5選手)
   サンダーランド
   スウォンジー
   ワトフォード
   ミドルズブラ
20位 ボーンマス(3選手)

サッカーキング

タレントをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ