ハリル監督、準備期間の短さに苦言「選手はリスペクトされていない」

3月23日(水)17時56分 フットボールチャンネル

 日本代表は、24日に行われるW杯アジア二次予選アフガニスタン戦に向けた前日練習を埼玉県内で行い、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は前日会見に出席した。

 本田圭佑や香川真司ら海外組は日曜日に欧州各国のリーグ戦に出場しているため、代表合流は22日となっている。24日にアフガニスタン戦が開催されることから、ハリルホジッチ監督は準備期間の短さについて苦言を呈している。

「疲労を回復して試合するのは不可能だ。けがの危険性もある。木曜日ではなく金曜日に試合ができないかと話している。選手のことをもっと考えてほしい。まだまだ選手はリスペクトされていない。選手は12時間かけて移動するんだ」

 ハリルホジッチ監督は移動による疲労蓄積およびけが防止のために、22日に合流した本田や香川を起用しないことを明言している。

 選手本人はアフガニスタン戦でプレーする意欲を見せていることが、これについて「選手は戦いたい気持ちある」と理解は示しつつも、「何人かの選手はリスクがあると思っている」と、疲労や負傷の可能性を危惧した。

(取材:植田路生/文:今関飛駒)

フットボールチャンネル

アフガニスタンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ