JFA、2020年のフットサルW杯招致に向け意志表明書をFIFAに提出。12月に開催国決定

3月23日(水)18時41分 フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は23日、2020年に開催される『FIFAフットサルワールドカップ』の開催地に立候補するため、FIFAに意志表明書を22日付で提出したことを発表した。

 フットサルW杯招致決定までは、今年5月に招致意志の再確認があり、8月に最終書類を送付し、12月のFIFA評議会にて開催国が指名される。

 JFAは今回の招致の目的を「日本およびアジアでのフットサルのさらなる普及、促進および強化」であるとしている。

 また、JFAの大仁邦彌会長は、「大会の招致および開催は、今後の日本およびアジアにおけるフットサルの普及や、次世代プレーヤーの技術向上などの発展に繋がるものと確信しています。今後、招致に向けて総力で取り組んでまいります」とコメントを述べている。

 2020年大会は9回目の開催となり、今年9月にコロンビアで開催される大会は第8回大会となる。なお、日本代表は第8回大会の出場を逃している。

フットボールチャンネル

フットサルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ