ユーベ勝利の試合は「八百長だ」。熱烈ナポリファンの弁護士がセリエA主審を訴え

3月23日(水)12時41分 フットボールチャンネル

 セリエAだけでなくチャンピオンズリーグの主審も務めるニコラ・リッツォーリ氏が訴えられたことが話題になっている。伊紙『トゥットスポルト』が報じた。

 リッツォーリ氏を訴えたのはジャーナリストであり弁護士でもあるルイジ・ジョルダーノ氏。熱烈なナポリファンであるジョルダーノ氏は、リーグ戦第30節トリノ対ユベントスの“トリノダービー”終了後に主審を務めたリッツォーリ氏をトリノ裁判所に「八百長」で訴えたという。試合はアウェイのユベントスが4-1で勝利している。

 試合ではトリノFWマキシ・ロペスのゴールがオフサイドで取り消され、さらにイエローカードをもらっていたユベントスDFレオナルド・ボヌッチの激しいタックルに2枚目のイエローカードを提示されないなど、ユベントス側に有利ともいえる判定があった。

 さらに、ジョルダーノ氏はリッツォーリ氏が「職への忠誠に背き、不正行為を行った」とし、イタリアサッカー連盟にも調査の開始を要求している。

フットボールチャンネル

八百長をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ