米国ストローマン、6回まで無安打の快投 7回途中1安打で降板、喝采浴びる

3月23日(木)13時9分 フルカウント

7回先頭打者に初ヒットを浴びて降板、ファンはスタンディングオベーション

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、ともに初優勝を目指す米国とプエルトリコが対戦。米国の先発マーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が6回までノーヒットに抑え、7回途中1安打無失点の快投で降板した。

 ストローマンは初回、3者凡退の好スタート。ツーシームを主体とした投球で、凡打の山を築いていく。2回にベルトランに四球を与えるも、続くモリーナは遊ゴロ併殺打。その後もプエルトリコにヒットを許さず、6回まで打者18人で片付ける快投を見せた。

 打線も力強く援護し、7回までに7点を奪取。7-0で迎えた7回もマウンドに上がったストローマンは、先頭パガンにレフト線への二塁打を浴びたところで降板となった。ダグアウトへと戻る右腕を、ドジャースタジアムの観衆はスタンディングオベーションで称えた。

 続くダイソンが後続を断ち、ストローマンに失点はつかず。6回0/3を1安打無失点3奪三振1四球。プエルトリコ出身の母を持ち、同代表としても出場可能だった右腕が、“運命”の頂上決戦で大仕事をやってのけた。

フルカウント

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ