JFA、2020年フットサルW杯の開催地に立候補へ…意思表明書を提出

3月23日(水)16時56分 サッカーキング

フットサルワールドカップの優勝トロフィー [写真]=FIFA via Getty Images

写真を拡大

 JFA(日本サッカー協会)は23日、FIFA フットサルワールドカップ2020の開催地として立候補するための意思表明書を22日付でFIFA(国際サッカー連盟)に提出したと発表した。

 今回のW杯招致は、日本およびアジアでのフットサルのさらなる普及、促進および強化を目的とするもので、意思表明書の提出は、FIFAが定める招致活動のプロセスにおいて最初の重要な手続きとなる。最終的には12月に行われるFIFA協議会で開催国が決定する。

 JFAの大仁邦彌会長は、W杯招致について以下のようにコメントしている。

「日本サッカー協会は2014年10月の理事会において、FIFAフットサルワールドカップ2020を日本に招致することを決定しており、昨日FIFAに対し意思表明書を提出しました。大会の招致および開催は、今後の日本およびアジアにおけるフットサルの普及や、次世代プレーヤーの技術向上などの発展に繋がるものと確信しています。 今後、招致に向けて総力で取り組んでまいります」

サッカーキング

「フットサル」のニュース

BIGLOBE
トップへ