イングランド代表監督、ドイツ代表に敗北も「チームの働きを評価」

3月23日(木)14時48分 サッカーキング

チームに一定の評価を与えたサウスゲート監督 [写真]=The FA via Getty Images

写真を拡大

 イングランド代表は22日、国際親善試合でドイツ代表と対戦し、0−1の敗戦を喫した。この試合について、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督がコメントを残している。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 試合は前半、イングランド代表がペースを握り攻勢をかけるが、決定機を決めきれずにハーフタイムを迎える。すると後半、この試合で代表を引退するガラタサライのドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに得点を許し、イングランド代表は悔しい敗戦となった。

 試合後、サウスゲート監督は「負けは良いものではないし、敗戦を楽観視するわけでもないが、私はチームの働きを評価している」と語り、試合の出来に一定の評価を与えた。

 さらに、同監督は「選手個人やチーム全体としての戦い方はよかった。彼らの適応能力は素晴らしかったよ」と続け、選手たちを褒め称えている。

 イングランド代表は26日、ワールドカップ欧州予選でリトアニア代表と対戦する。

サッカーキング

イングランドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ