ハンブルガーSV、ギズドル監督の契約延長を発表 酒井高を主将に任命

3月23日(木)17時1分 サッカーキング

ハンブルガーSVとの契約を延長したギズドル監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 ハンブルガーSVは23日、指揮官を務めるマルクス・ギズドル監督の契約延長を発表した。ドイツ誌『kicker』日本語版が同日に伝えている。

 報道によると、クラブがギズドル監督との間で結んだ新たな契約期間は2019年まで。元々は今シーズンいっぱいの契約だったが、日本代表DF酒井高徳がキャプテンに就任した第11節より調子を上げてきたことから、今回の契約延長につながったようだ。

 マネージャーを務めるイェンス・トッド氏は、「定評のあるコーチ陣と、これからも信頼深く取り組み続けていける」と話し、同監督の契約延長に喜びを示した。

 また、ギズドル監督は「重要なのは集中し続けて成功を収めていくことだ。クラブからの信頼を嬉しく思うし、安定と継続性を持って来シーズン以降も取り組んでいきたい」とコメント。さらなる向上へ意気込みを語っている。

 ハンブルガーSVは現在、ブンデスリーガで7勝6分12敗の16位に位置している。

サッカーキング

「延長」をもっと詳しく

「延長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ