韓国が痛恨の完封負け、A組3位転落危機…中国が最終予選初勝利

3月23日(木)22時29分 サッカーキング

先制ゴールを喜ぶ中国代表の選手たち [写真]=VCG via Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第6節が23日に行われ、グループAでは中国代表と韓国代表が対戦した。

 5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」でグループAの2位につける韓国が、敵地に乗り込んだ一戦。先発メンバーには、GKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)やDFチャン・ヒョンス(広州富力)、MFク・ジャチョル(アウクスブルク)らが名を連ねた。

 一方の中国は5試合で2分け3敗、勝ち点「2」の最下位に沈んでいる。W杯出場権獲得は厳しい状況だが、ホームで初勝利を収めて反撃の狼煙を上げたいところだ。

 前半は拮抗した展開のまま、均衡が破られることなく推移。互いにチャンスを作り出しながら、ゴールネットを揺らせない時間が続いた。中国は中央突破からペナルティーエリア内へスルーパスを通し、ゴールエリア外からシュートを放つ場面があったが、GKクォン・スンテが正面でキャッチ。スコアレスのまま30分が経過した。

 スコアが動いたのは34分、先制したのは中国だった。左CKに反応したユ・ターパオがニアサイドでヘディング。背後へ逸らす形で放たれたシュートがゴールへ吸い込まれ、ホームの中国が1−0とリードして前半を終えた。

 1点を追う後半開始時から、韓国は長身FWのキム・シンウクを投入して反撃を期す。しかし、なかなか決定機を作り出すには至らない。前がかりになったところでボールを失い、中国のカウンターを受ける場面もあった。

 試合は1−0で終了。中国が1点を守り切り、W杯最終予選初勝利を挙げた。次節は28日、イランと対戦する。

 一方、韓国は最下位の中国を相手に痛恨の完封負け。勝ち点は「10」のままで、同「9」のウズベキスタンが今節でシリアに勝つか引き分けた場合、韓国はグループAの3位に転落する。韓国の次節は28日、シリアとのホームゲームを控えている。

【スコア】
中国代表 1−0 韓国代表

【得点者】
1−0 34分 ユ・ターパオ(中国代表)

サッカーキング

「転落」をもっと詳しく

「転落」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ