夏の選手権に比べて春の選抜のほうが初出場校の快進撃が起こりやすい?

3月24日(金)17時58分 アサ芸プラス

 大会初日の第1試合で至学館との初出場校対決を制し、みごと2回戦へ進出した呉(広島)。その呉にはある記録への期待がかかっている。ズバリ“初出場初優勝”である。

 実は夏の選手権に比べて春の選抜のほうが、初出場校の快進撃、旋風が起こりやすいのだ。昭和以降では、春夏を通じて初出場で初優勝を成し遂げたのは、夏の3校に対して、春は10校を数えるのである。

 昭和9年の東邦商(現・東邦=愛知)に始まり昭和25年の韮山(静岡)、昭和28年の洲本(兵庫)、昭和39年の徳島海南(現・海部=徳島)、昭和43年の大宮工(埼玉)、昭和47年の日大桜丘(東京)、昭和59年の岩倉(東京)、昭和60年の伊野商(高知)、平成7年の観音寺中央(香川)、平成16年の済美(愛媛)まで計10校。80年代以降でも、決勝戦であの“KKコンビ”のPL学園(大阪)を完封した山口重幸(元・阪神)投手擁する岩倉、準決勝で清原和博(元・読売)から3打席3三振を奪い、PL学園を力でねじ伏せた渡辺智男が投打の大黒柱だった伊野商、香川県勢に35年ぶりの優勝をもたらした観音寺中央、そして大会史上最速の創部3年目で優勝した済美と4チームもあるのだ。準優勝に限っても、夏の2校に対して春は6校もあるのである。

 呉の2回戦の相手は昨秋の明治神宮大会覇者で、今大会も優勝候補筆頭の大本命・履正社(大阪)だ。確かに簡単に勝てる相手ではないが、過去にこうした旋風を巻き起こしたチームは必ずといっていいほど“大物食い”を果たしてきた。初戦、2点のビハインドを9回に追いつき、延長12回にまでもつれこむ激戦を制した呉には勢いがある。果たしてその勢いで、“打倒・履正社”を成し遂げ、勝ち進むことが出来るか。

(高校野球評論家・上杉純也)

アサ芸プラス

「昭和」をもっと詳しく

「昭和」のニュース

BIGLOBE
トップへ