インゴルU-23のMF渡邊凌磨がトップチームの練習に参加。代表選手不在でチャンス到来

3月24日(木)12時3分 フットボールチャンネル

 昨年9月にブンデスリーガに所属するインゴルシュタットのU-23チームに加入したMF渡邊凌磨が、トップチームの練習に参加した。独紙『キッカー』が伝えている。

 インゴルシュタットのトップチームは計10選手が各国代表に合流しているため、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は渡邊を含めてユース7選手をトップチームの練習に参加させたのだという。

 現在19歳の渡邊は、前橋育英高校卒業後、早稲田大学に進学。今季からインゴルシュタットのU-23チームに移籍している。これまで、U-17、U-19と各世代の日本代表にも招集されている。

 ドイツ4部リーグに相当するレギオナルリーガに所属するU-23チームで、渡邊はデビュー戦ゴールを含めて14試合出場で2得点を記録している。

 ブンデスリーガではこれまで多くの日本人選手がプレーしているが、渡邊はこのチャンスを掴むことができるだろうか。

フットボールチャンネル

「U-23」をもっと詳しく

「U-23」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ