ヨハン・クライフ氏の死去から1年。スペイン各紙が命日に合わせて特集記事を掲載

3月24日(金)20時38分 フットボールチャンネル

 現代サッカーの父とも言われるヨハン・クライフ氏が68歳の若さで昨年3月24日に死去してから今日で1年となった。この日に合わせ、スペイン各紙が様々な形で特集している。

 スペイン紙『マルカ』は、”クライフ氏の魔法が生かされている選手”として10人の名前を挙げた。リオネル・メッシとリカルド・クアレスマ、ルイス・スアレスとデニス・ベルカンプ氏、ズラタン・イブラヒモビッチとロナウド氏、カルレス・プジョルとヴェスレイ・スナイデル、アンドレス・イニエスタとファン・デル・ファールトの10人である。各選手とクライフ氏のドリブルやシュート、プレースタイルを比較した動画を掲載している。

 また、スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』は、タイトルに「クライフ氏がいない一年」とつけ、昨年3月24日に亡くなってからの一年間を振り返った。一方で、英紙『ガーディアン』はタイトルに「現代サッカーの父、オランダの文化を形作った」とつけ、英紙『スカイスポーツ』はタイトルに「クライフ氏のバルセロナのドリームチームを思い出す」とつけ、それぞれクライフ氏の功績を載せている。

フットボールチャンネル

スペインをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ