ソフトBの侍4人は25日合流 悔しい「ミス」の松田「切り替えていつも通り元気を」

3月24日(金)9時16分 フルカウント

23日深夜に帰福、内川は「世界一にたどり着けず残念」も「気持ちを整理して合流したい」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーとして参戦していたソフトバンクの千賀滉大松田宣浩内川聖一武田翔太の4選手が23日深夜に帰福した。

 空港に居合わせた搭乗客らからの声を受けながら、取材に応じた4選手。準決勝・アメリカ戦でのファンブルが決勝点に繋がった松田は「自分のミスで負けてしまったので、非常に申し訳ない気持ちと、悔しい気持ちでいっぱいです」と改めて悔しさをにじませた。

 代打として存在感を発揮した内川は「世界一を目指してやってきたので、たどり着けなくて残念です」と険しい表情。登板機会は中国戦での先発のみだった武田は「負けてしまって悔しい。いい経験をさせてもらいました」と語った。

 24日のオフを挟み、25日からチームへと合流する4選手。開幕が31日に迫っており、息つく暇はない。侍ジャパンでもムードメーカーとしてチームを引っ張ってきた松田は「ホークスに気持ちを切り替えて、いつもどおり元気を出していきたい」。内川は「1日休みがあるので、気持ちをしっかり整理して、チームに合流したい」とし、武田は「いい経験をさせてもらったので、しっかりホークスで戦って日本一に導けるようにしたい」と気持ちを新たにしていた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「ソフトB」をもっと詳しく

「ソフトB」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ