ソフトB柳田の送球に工藤監督が“警鐘”「カットマンまでと言っているので…」

3月24日(金)10時24分 フルカウント

右肘痛から調整遅れ、中堅から三塁まで送球「その瞬間になると投げたくなる」けど…

 ソフトバンクの工藤公康監督が、柳田悠岐外野手に“警鐘”を鳴らした。23日の阪神戦(ヤフオクD)に2日連続で「4番・中堅」に入った柳田について、試合後、指揮官は「カットマンまで、と言っているので、アレはダメですね」と苦笑いで注意した。

 問題の場面は4回の守備だった。1死二塁で高山の中飛を捕球した柳田。二走・上本がタッチアップの構えを見せていたため、三塁へと返球した。ただ、右肘痛でキャンプからB組で慎重に調整を進め、オープン戦でも指名打者での出場を続けてきたため、中堅の守備につきはじめたのは前日22日から。開幕に向けて、慎重に慎重を期すため、首脳陣から送球はカットマンまでとするように、指示を与えていたのだという。

 工藤監督は「その瞬間になると投げたくなる。そこを抑えなさいと。トレーナーとか、みんなが大丈夫と言うまでは、ね。シーズンに響いたら、本人にも、チームにとっても痛い。自重するようにと、本人にも言いました」と渋い表情だった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「柳田悠岐」をもっと詳しく

「柳田悠岐」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ