ディバラ、インテル移籍に迫った過去…サネッティ副会長が明かす

3月24日(金)22時26分 サッカーキング

インテルのサネッティ副会長(左)が、ディバラ(右)獲得に迫った過去を明かした [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのハビエル・サネッティ副会長が、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得に迫っていた過去を明かした。

 母国アルゼンチンで、インテル・アカデミーの開校式に出席したサネッティ副会長。アルゼンチンメディア『La Voz』のインタビューに応じ、「ディバラの獲得に迫ったことがあったんだ。しかし、最後は交渉がうまくまとまらなかった」と明かした。

「彼は今、我々のライバルとしてプレーしている。でも、彼のプレーには魅了されているよ。アルゼンチン代表で良い結果を出せるように願っている」

 2015年夏にパレルモからユヴェントスへ移籍したディバラだが、インテルに加入する可能性もあったようだ。サネッティ副会長は同胞の後輩でもあるディバラへ、代表チームでの活躍を期待しているようだ。

サッカーキング

インテルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ