先制弾に追加点アシスト…勝利に導いた久保裕也「貢献できたかなと思います」

3月24日(金)3時2分 サッカーキング

UAE戦に先発出場した久保裕也 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。

 日本は14分、酒井宏樹からのスルーパスでエリア内右に抜け出した久保裕也が、右足のシュートを蹴り込み、先制に成功。その後はピンチを迎えるシーンもあったがGK川島永嗣の好セーブなどで凌ぎ、1−0で前半を折り返した。そして後半立ち上がりの51分、久保のクロスから今野泰幸が貴重な追加点をマークすると、このまま2−0で逃げ切った。

 先発起用に応え、A代表初ゴールをマークした久保は、「宏樹さんからいいパスが来て、意外とフリーだったので振り抜こうかと思って。うまくいって良かったです」と得点シーンを振り返った。

 同じく先発出場した昨年11月のサウジアラビア代表戦ではひざを負傷し、前半のみのプレーに終わっていた久保。「とにかく前回は不甲斐ない形で終わったので、今回はしっかりチームに貢献したいと思っていました。それができたかな、と思います」と、ゴールに加えてアシストも記録して勝利に貢献したこの日のパフォーマンスに満足感を示した。

 そして、「まだまだこれからなので、もっと結果を残していかないといけないと思います」とさらなる活躍を誓うと、28日にホームで行われるタイ代表線に向け、「個人的にもチームに貢献できるようにしっかり準備したいです」と意気込みを語った。

サッカーキング

「久保裕也」をもっと詳しく

「久保裕也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ