小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい

3月24日(金)7時0分 NEWSポストセブン

小久保監督、本誌はきちんと謝ります!

写真を拡大

 侍ジャパンの皆様へ


 第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。


 でも、本誌はきちんと謝ります──。


〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号)

〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)


 いずれも本誌が掲げた見出しである。


◆「史上最弱先発陣」なんていって、ごめんなさい!


〈投手陣はメッタ打ち〉──本誌2月24日号の見出しである。第1回大会の松坂大輔(36)、上原浩治(41)、第2回大会のダルビッシュ有(30)、田中将大(28)、岩隈久志(35)らと比べると明らかに見劣りするように思えたからだ。


 しかし大会が進むにつれ、小久保ジャパンに“未来のMLB投手候補”がたくさんいたことがわかった。


「特に注目を集めたのが千賀滉大(24)。先発したイスラエル戦で5回1安打無失点など、1次、2次ラウンドは計9回を無失点。海外スカウトの評価もうなぎのぼりでした」(スポーツ紙デスク)


 米国戦で決勝点を与えたマウンドにいたことも、糧にしてほしい。


◆「抑えが不安」と思ってました、ごめんなさい!


 一昨年の国際大会・プレミア12での松井裕樹(21)のリリーフ失敗の印象が強く、「抑えが不安」と報じたメディアは少なくなかった。


「それが、大会が始まったら牧田和久(32)がきっちり火消しして全勝での決勝ラウンド進出に貢献。国際試合ではストレートに強い海外の強打者に対し、“サブマリン”の牧田が有効だと考えた小久保監督の判断が当たった」(同前)


◆小久保監督、とにかく、ごめんなさい!


 大谷やMLB選手の不出場、強化試合の惨敗などのたびに酷評されてきた小久保監督だが、大会が始まると2次ラウンドのキューバ戦では絶好調だった小林に代打・内川聖一(34)を送って勝ち越し点をあげるなど勝ち試合で采配が冴えた。


 結果が出なければ批判されるのは代表チームである以上当然のことだが、頑張りを正当に評価することも必要だろう。


 大会前は全然盛り上がらないだろうと思っていました。侍ジャパンの皆さん、すみませんでした!


※週刊ポスト2017年4月7日号

NEWSポストセブン

「侍ジャパン」をもっと詳しく

「侍ジャパン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ