外国人騎手の勝負強さ 思う前に動く感性が確実にある

3月24日(日)7時0分 NEWSポストセブン

外国人騎手は何が違う?

写真を拡大

 3月24日の高松宮記念から、春のGIが始まる。昨年後半は15の平地GIのうち、外国人ジョッキーが11勝を挙げた。今年もその流れは変わらないのか。『週刊ポスト』での角居勝彦調教師による連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、お届けする。


 * * *

 確かな騎乗技術と競馬に対する真摯な姿勢。C.ルメールやM.デムーロが勝ち鞍を突出させるのには理由があると書きました。


 しかし、彼らはゲームメイカーではありません。この点、案外誤解をされているようです。レースの主導権を握っているのは日本人ジョッキーです。


 傾向として、外国人ジョッキーの馬よりも先に行きたいと思う。そう簡単に勝たせるかと、前に出て走路を締めたい心理が働く。日本人ジョッキーのその心理がレースの展開を決めます。


 ところが、ルメールやデムーロは、詰まる(ことが予想される)ポジションにはいません。必ず勝負に持ち込める好位にいる。その点が陣営としては重要です。少なくとも「競馬にならなかった」という事態だけは避けてくれる。そこで負ければ納得もいきます。


 日本人ジョッキーの馬がどう動くのか。おそらく彼らにはわかるのでしょう。ジョッキーそれぞれの特徴もしっかりと頭に入っている。思い切った乗り方をするのか、じっと手綱を絞るのか。寄せていくとすんなり開けてくれるのか、あるいは頑として譲らないのか。有り体にいって巧いジョッキーなのか、そうでもないのか。つまり日本の競馬を知っているということです。


 かつての外国人ジョッキーはそこまでではなかった。短期免許で来日した外国人ジョッキーが「武豊をマークしておけばなんとかなる」というようなことをいったとか。最後に武豊の馬をかわせば勝てると。情報が少ない中では、そういった戦略を取るしかなかったのでしょう。


 しかし、ルメールとデムーロには経験値と研究熱心さがある。たとえば「AとBはあまり仲が良くないから、絶対に譲り合わないぞ」とか(笑い)。「逆に、一緒になってオレの馬を締めてくるぞ」とか。人間観察力にもすぐれているのかもしれません。


 レースの枠順が決まると、彼らの頭には展開が浮かぶのでしょう。


 人気馬に柔らかい手綱が特徴のC騎手が乗る。隣の馬は力が劣るものの、強いさばきで馬を動かせるD騎手が、そしてE騎手はあの馬に……すると自分の馬とはどう絡むのか。こういう展開になれば、F騎手が厳しく締めてくるぞ、などなど。そんな具合にシミュレーションする。自分の馬がより優位に立つにはどうすればいいのか。その発想力、想像力が、やはりすぐれているのだと思います。


 彼らの勝負強さは、GIなどグレードの高いレースほど目立つ印象がありますね。それはおそらく他の日本人ジョッキーも一流で、それぞれが思ったように馬を操ることができるので、シミュレーションの精度もより高くなるから。何度も戦ってきた相手で、出走馬の特徴もわかる。レースプランが立てやすいはずです。


 もちろん、いかに情報分析力に長けていても、そのとおりの展開にはなってくれません。ただし、予習した情報を一瞬の決断で生かすことはできます。「コンマ1秒後に、ここが空く」と思える。いや、思っているようでは遅い。思う前に動いている。その感性が、外国人ジョッキーには確実にあります。


●すみい・かつひこ 1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後18年で中央GI勝利数24は歴代3位、現役では2位。2017年には13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館)が好評発売中。2021年2月で引退することを発表している。


※週刊ポスト2019年3月29日号

NEWSポストセブン

「外国人」をもっと詳しく

「外国人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ