新型コロナウイルスの影響によるF1の中止や延期に伴い、FIA-F2とFIA-F3も同様の措置

3月25日(水)21時29分 AUTOSPORT web

 新型コロナウイルスの影響を受けて、F1では現在第8戦アゼルバイジャンGPまでのレースの延期、あるいは中止が決定している。これに伴い、FIA-F2とFIA-F3のレースやテストも同様に延期、中止の措置が取られている。


 これまでの流れを振り返ると、3月13日にバーレーンGPの開催延期が決まったことにより、併催予定だったF2とF3の開幕戦も延期となった。


 その後19日にはオランダGP、スペインGP、モナコGPの延期が決定し、23日にはアゼルバイジャンGPも延期。なおモナコGPについては主催者が2020年の開催を中止したため、それに伴いF2も同様にキャンセルとなる。


 つまり現時点では、F2はシーズン序盤の5戦が、F3では序盤の3戦がそれぞれ延期や中止となっている。F2とF3はカレンダーのうちほとんどがヨーロッパでの開催となっているため、このまま延期や中止などの措置が続くと、両シリーズ、そして参戦しているチームやステップアップを狙うドライバーは非常に大きな痛手を被ることになる。


 またシーズン中のテストについては、当初は4月にバルセロナでF2のテストが予定されており、F3も4月にブダペストで、5月末にバルセロナでテストを行うつもりだった。だがF2公式サイトでは、現時点で“保留”とされており、レース、テストともに代替日程などについてはアナウンスされていない。


AUTOSPORT web

「延期」をもっと詳しく

「延期」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ