柏木、不慣れなポジションで苦戦も「切り替えの速さ出せた」

3月25日(金)6時12分 フットボールチャンネル

【日本 5-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は24日、ロシアW杯アジア地区2次予選でアフガニスタンと対戦し、5-0で勝利した。

 柏木陽介は慣れないポジションと役割に苦戦し、不完全燃焼のパフォーマンスに終わった。司令塔タイプのレフティが任されたポジションはダイヤモンド型の中盤の左だった。

「俺が一番戸惑っていた」と話すように動きもぎこちなく、左SBの長友佑都とかぶってしまうシーンが散見された。前日練習で試したのみと、ほとんどぶっつけ本番で臨む中、持ち味を発揮することができなかった。

「今までのサッカー人生でサイドに流れることはまずなかった」というように、360℃を見渡せる中央が最も得意とする場所だと自負している。とはいえ「切り替えの速さを出せたのは良かった」と最低限の仕事はできたという手ごたえは得ている。

 そして、不慣れなポジションでのプレーではあったが「外を埋めたり、中に入ってきたりをもっとうまいこと、タイミングを計ってやれば良かった」と課題を見つけられたことはポジティブに捉えていいはずだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとっても今回の布陣や陣容は試験的な意味合いがあった。柏木が自身の存在価値を示す機会はまた訪れるだろう。

フットボールチャンネル

ポジションをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ