清武、トップ下で4得点に絡むも「もっともっといいプレー出さないと」

3月25日(金)6時38分 フットボールチャンネル

【日本 5-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は24日、 ロシアW杯アジア地区2次予選でアフガニスタンと対戦し、5- 0で勝利した。

 この試合で最も躍動したのは、4−4−2のトップ下に入った清武弘嗣だろう。攻撃を自在に操り、58分には自らゴールを挙げるなど4得点に絡んだ。

  43分に岡崎慎司がネット揺らし、ゴールラッシュの口火を切った。レスターで活躍するストライカーの高い技術と決定力が目を引くが、岡崎にボールが渡るまでの展開も素晴らしかった。

「スポンとダイレクトでハセさん(長谷部誠)が入れてくれたので、自分がフリーでボールを持てた。そのままいいリズムでオカちゃんにボールをあげられた」と清武。パスを回しながらキャプテンがスイッチを入れたことで清武は一気に前を向くことができた。

 新しい布陣で臨んだ中でしっかり加点できたのは、トップ下で躍動した清武の存在があってこそだろう。「すごく周りも見えていたし、体もよく動いて、 冷静にできた」と話すが、「まだまだ点も取れたし、 だからもっともっといいプレーも出さないといけない」と満足する様子はなかった。

 ハノーファーでもトップ下を務め、攻撃の核としてプレーしている。試合前には「同じトップ下でもクラブと代表では役割が違う」と話していたが、どんな仕事を求められても中央で印象的なパフォーマンスを見せられることを証明した。

 清武については長友佑都も称賛している。

「キヨがいたからリズムが作れていたと思う。(所属クラブで)10番を背負うってことは、 それだけのプレッシャーを感じるということ。あえてそういう厳しい環境に身を置いているところは彼の強さでもあるし、それが今日のピッチでも物語っていたと思う」

 殊勲のトップ下は自分のことよりチームとして勝てたことを喜んだが、周囲の清武への信頼は今後、さらに高まっていくのではないだろうか。

フットボールチャンネル

「清武弘嗣」をもっと詳しく

「清武弘嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ