日本代表、高萩も負傷により離脱。3年8ヶ月ぶり招集も出場ならず

3月25日(土)17時35分 フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は25日、MF高萩洋次郎が負傷のため日本代表から離脱することを発表した。

 右足親指を痛めていた高萩は、日本代表が2-0の勝利を収めた23日のロシアW杯アジア最終予選UAE戦を欠場していた。28日に行われるタイ代表との試合も欠場することになる。

 今回の日本代表からは、MF長谷部誠が合流後すぐに離脱。25日にはMF今野泰幸とFW大迫勇也も負傷のため離脱することが発表され、浦和レッズのMF遠藤航と川崎フロンターレのFW小林悠が追加招集されている。

 今季からFC東京に加入した高萩は3年8ヶ月ぶりの日本代表招集だったが、出場はならなかった。「タイ代表との試合も勝利という結果が出るよう応援したいと思います。今回は怪我のため、チームに貢献することはできませんでしたが、早く治してまた戻れるよう頑張ります」とJFAを通してコメントを述べている。

フットボールチャンネル

「日本サッカー協会」をもっと詳しく

「日本サッカー協会」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ