DeNAドラ3ルーキー柴田がプロ初打席で決勝打 井納も7回3安打無失点の好投

3月25日(金)20時59分 フルカウント

柴田がプロ初打席で2点タイムリー

 DeNAが25日の開幕戦、広島戦(マツダスタジアム)で2-1と競り勝った。ドラフト3位ルーキー柴田が2回に先制の2点適時打。先発の井納も7回3安打無失点と好投し、救援陣もリードを守った。

 この日、「7番・二塁」で起用された柴田がラミレス監督の期待に応えた。2回1死二、三塁の好機で打席に立つと相手先発・ジョンソンの初球を捉え、センターへ2点適時打。プロ初打席でいきなり結果を出した。

 序盤にリードを受けた井納は7回まで3安打に抑える好投。8回にマウンドに上がった三上が1失点したものの、9回を守護神・山崎康が締めて勝利を飾った。

 結果的に柴田の一打が決勝打に。DeNAはドラフト4位の捕手・戸柱も開幕スタメンに入るなど、フレッシュなメンバーで開幕白星。昨季最下位からの巻き返しへ、上々のスタートを切った。

フルカウント

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ