17歳ミラン守護神が“ブッフォン超え”…U−21伊代表で最年少出場記録更新

3月25日(金)17時0分 サッカーキング

ドンナルンマ(左)がブッフォン(右)の最年少出場記録を更新 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 24日に行われた2017年欧州選手権予選で、U−21イタリア代表がU−21アイルランド代表と対戦。イタリアが4−1で快勝した。

 同試合で、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのU−21イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、同代表の最年少出場記録を更新した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ドンナルンマは予選2試合にベンチ入りしていたが、今までは出場機会がなかった。アイルランド戦では先発メンバー入りを果たし、17歳28日での出場を記録。ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが持っていた、17歳10カ月22日の最年少出場記録を更新した。

 ドンナルンマは昨年10月25日に行われたセリエA第29節のサッスオーロ戦でセリエAデビューを果たし、以降は20試合連続でフル出場。13日の第29節キエーヴォ戦では相手選手との交錯で頭部を強打し、自ら交代を要求してピッチを後にした。20日の第30節ラツィオ戦ではフル出場を果たしている。

サッカーキング

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ