エヴァートンDFコールマンが右足骨折で今季絶望、W杯予選で負傷

3月25日(土)16時46分 サッカーキング

代表戦で負傷交代したコールマン [写真]=Sportsfile via Getty Images

写真を拡大

 エヴァートンに所属するアイルランド代表DFシェイマス・コールマンが右足を負傷した。25日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じた。

 24日のワールドカップ欧州予選ウェールズ代表戦に先発出場したコールマンは後半、アストン・ヴィラに所属するウェールズ代表DFニール・テイラーのタックルを受けて負傷。テイラーはレッドカードで退場処分となり、コールマンは途中交代を強いられた。

 同紙によると、同選手は右足を骨折しており、今シーズン中の復帰は絶望的だという。さらに、戦列復帰は来年になるのではないかとの報道がなされ、アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督も「ひどい骨折だ」と語るなど、代表とクラブ双方にとって最悪な事態となった。

 コールマンは今シーズン、ここまで公式戦28試合に出場。アイルランド代表ではキャプテンを務め、グループDで好調を維持するチームを牽引していた。

サッカーキング

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ