毎度物議醸す女子マラソン代表選考 「一発選考」できぬ理由

3月25日(水)16時0分 NEWSポストセブン

 何度同じ騒動を繰り返すのか。世界陸上(8月・北京)女子マラソン代表の選考結果がまたも物議を醸した。五輪代表の選考をめぐり、高橋尚子、松野明美、弘山晴美といった名ランナーたちが苦汁を舐め、その都度、陸連批判の声が飛び交った。それなのにまた──。


 今回、代表切符を手にしたのは、前田彩里(ダイハツ)、伊藤舞(大塚製薬)、重友梨佐(天満屋)の3選手。一方、涙をのんだのが田中智美選手(第一生命)である。彼女が男女を通じて唯一の選考レースの優勝者だっただけに、不可解な選考を疑問視する声は後を絶たない。


 口火を切ったのは、元ロス五輪代表で解説者の増田明美氏だった。3月11日の会見で陸連幹部に「田中さんは優勝しているし、レース内容も良かったのでは」「これでいいんでしょうか?」と疑問を投げかけたのだ。


 スポーツライターの酒井政人氏は、選考基準の曖昧さを指摘する。


「これまで陸連は、順位や勝負強さが大事だといってきたのに、今回はレース前半の積極性を評価しました。180度姿勢が変わっています」


 さらには、公務員ランナー・川内優輝選手までもが「優勝して選ばれないというのはどうなのか」と苦言を呈する異常事態。スポーツ紙のベテラン記者は声を潜めてこう語る。


「陸連強化委員には天満屋、大塚製薬の委員がいるが、落選した田中の第一生命は委員がいない。それが関係してるというのが、もっぱらの噂です」


 いっそのこと「一発選考」にしてしまえばスッキリするのではないか。


「陸連はマラソン中継の放映権で収益を得ていますから、ひとつに絞るわけにはいかないんです」(前出・酒井氏)


 陸連が“大人の事情”ばかり振りかざせば、血のにじむ努力を続ける選手も、手に汗握るレースを望むファンもそっぽを向くだろう。


※週刊ポスト2015年4月3日号

NEWSポストセブン

「マラソン」のニュース

BIGLOBE
トップへ