ハリル監督、2次予選通過に満足せず。最終予選は「真の日本代表がようやく見られる」

3月26日(土)22時27分 フットボールチャンネル

 日本代表は26日、ロシアW杯アジア2次予選のシリア戦に向けて練習を行った。

 2次予選突破を決めた心境を問われたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「ロジックな結果ではないかなと。我々はここに向けて戦っているわけじゃない。野心を持っていますので、最終予選に失敗無く進めるのは良いことですけど、もっとできるかなと思います。もっとやるべきだと思っています」と、満足した様子はない。

 最終予選では「真の日本代表がようやく見られる」と指揮官。現在の課題は「守備も攻撃も本当にたくさんのことがあります。メンタルも」と話し、常に成長していく姿勢を強調した。

 アジア予選を戦う日本だが、W杯本大会は「全く別のものになる」という。そして「フィジカルもタクティックも、グループが向上していかなければいけない」と予選突破ではなく、あくまで本大会で結果を残すことを目指している。

 また、小林悠が負傷離脱し、齋藤学が追加招集された。このことについてハリルホジッチ監督は「小林が離脱したことは残念です」と話し、齋藤については「爆発的なスピードがあります。ちょっと小さいですけど、テクニックは問題ない」と評価していた。

フットボールチャンネル

日本代表をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ